大好きなトールペイントの描き方、用具、材料、関連書籍を徹底紹介します。

    

ストローク

・Sストローク
  英字のSを筆のエッジを利用して描く技法。平筆や丸筆で描く。

・カンマストローク
  英字のカンマ「,」に似た形を筆圧を使って描く。

・サイドローディング
  平筆の半分に絵具をつけてグラデーションをつける技法。絵に立体感をつける重要な技法。

・Cストローク
  英字のCを筆のエッジを利用して描く技法。

・スクロール
 ツル上の線を描く技法。
   
・ダブルローディング
  サイドローディングと同じ容量で左右に違った色をつける技法。

・ドット
  大小の点「.」のこと。スタイラスや筆の柄の方に絵具をたっぷりつけて描く。

・フルロード
  べた塗りのこと。水と絵具を1:1に薄めて塗るとウォッシュと言う。

・ライナー
  線描のこと。

     

【トールペイントとは】
トールとは、フランス語でいう"ブリキ(ティン)"の意味です。

古くは18世紀、王室の室内装飾にブリキの板を用いて装飾絵画を施していました。

これがトールペインティングの始まりです。その後、ヨーロッパからアメリカにわたり多くの人に親しまれ広がりました。

日本では、木、ブリキ、ガラス・陶器、布などあらゆる素材に絵を描くことを総称して(トールペインティング)いると呼んでいます。

トールペイントには、その技法や発祥地でいろいろな種類があり、大きくはヨーロッパでうまれたヨーロピアンフォークアートとアメリカンフォークアートがあります。