大好きなトールペイントの描き方、用具、材料、関連書籍を徹底紹介します。

贈り物コレクション―古屋加江子のトールペイント |古屋 加江子

贈り物コレクション―古屋加江子のトールペイント贈り物コレクション―古屋加江子のトールペイント
古屋 加江子
日本ヴォーグ社 刊
発売日 2005-11
価格:¥1,400(税込)




素敵です。 2006-01-19
前回の和のペインティングから待ちに待った新刊ですが、前作と全く雰囲気が違いますが、古屋先生らしく、どれも優しい感じの作品です。



すぐに、書きたい作品がたくさんありました。

季節ごとに書きたい作品もあり、1年を通してペインターには楽しめる内容です。


■続きを読む


この記事は2006/7/28に作成しました。

▼ 【 050トールペイントの書籍 】の最新10件
【トールペイントとは】
トールとは、フランス語でいう"ブリキ(ティン)"の意味です。

古くは18世紀、王室の室内装飾にブリキの板を用いて装飾絵画を施していました。

これがトールペインティングの始まりです。その後、ヨーロッパからアメリカにわたり多くの人に親しまれ広がりました。

日本では、木、ブリキ、ガラス・陶器、布などあらゆる素材に絵を描くことを総称して(トールペインティング)いると呼んでいます。

トールペイントには、その技法や発祥地でいろいろな種類があり、大きくはヨーロッパでうまれたヨーロピアンフォークアートとアメリカンフォークアートがあります。